Saturday, September 14, 2013

五輪プレゼン・安倍発言「汚染水完全ブロック」の嘘を暴く小出先生

今日は、久しぶりに小出裕章先生の動画とその書き起こしをラジオ・フォーラムから紹介させていただきたいと思う。2020年に行われる夏季五輪プレゼンテーションの際に、安倍晋三首相が語った「(福島第一原発の)汚染水は、0.3平方キロメールの範囲内で完全にブロックされている」について、小出先生が、「本当に軽々しい発言」と厳しく批判されているが、全く同感だ。海には、満ち引きや波や海流があるのだから、完全にブロックなんてできるはずがない。

そんなことを国民が信用するほど、国民が馬鹿だと思っているとしたら、安倍晋三首相は、あまりにも国民を馬鹿にしている。これほどまでに、国際舞台で、ペテン的な嘘をつく男が日本の首相だなんて、日本人として心から恥ずかしい。


20130914 R/F #036「小出裕章ジャーナル」

ラジオ・フォーラム からの書き起こし:

五輪プレゼン・汚染水完全ブロックの嘘「海というのはみんなつながっているのです。どこかで完全にブロックされるなんてありうる道理がありません」~第36回小出裕章ジャーナル

「汚染水による影響は福島第一原発の港湾内の0.3平方キロメールの範囲内で完全にブロックされている。」と安倍総理はおっしゃいましたが、これは科学的見地から見ていかがでしょうか?聞き手:
2013年9月8日、アルゼンチンで行われた国際オリンピック委員会の総会で2020年のオリンピックが東京で開催されることが決まりました。福島第一原発から漏れ出ている高濃度汚染水についてたくさんの質問が出ました。その場で、安倍総理がいろいろなことをおっしゃいましたが、このことについて小出さんにお伺いしたいと考えています。
小出さん
そんなことあり得るはずがない。皆さん、わかっていただけないでしょうか。海というのはみんなつながっているのです。汚染はもちろん、福島第一原子力発電所の敷地から流れてきているわけですけれども、海に流れこんだ汚染は太平洋全部、そしてさらには地球全部の海に結局は流れて出ていってしまうのです。
要するに、その時に薄まっていくというだけであって、どこかで完全にブロックされるなんてありうる道理がありません。
聞き手:
なるほど。漏れ出さないように、港湾内で遮る作業を一応はしているわけですよね?
小出さん
スクリーンというものを下ろしているのですけれども、海というものは、満ち引きもあるわけですし、波もあるし、海流もあるし、そんなスクリーンで留めることが出来るはずがない。海水はもちろん港湾内と港湾外を出入りしていますし、汚染はもちろん海へ流れていっているのです。
聞き手:
完全にブロックされているというのは間違いということですか?
小出さん
間違いというより嘘ですね。
聞き手:
福島第一原発というのは、もともと原発から出た温排水を遠くの外海に出るように作られているのではないですか?
小出さん
福島も含めて、原子力発電所の温排水はほとんどの場合、海岸近くから放水しています。
聞き手:
ということは、排水路が外についているわけではないのですか?
小出さん
今、六ケ所村につくられている六ケ所再処理工場というところは、膨大な放射性物質を流さざるえない。はじめからそういう設計になっていて海岸線では到底流すことができないので、沖合3キロまで排水管を引っ張って、確か水面下43メートルだったと思いますけども、そこから流すという設計になっています。
原子力発電所の場合には、それぞれ膨大な海水を流しているのですけれども、ほとんど場所では海岸の近くで流しています。福島(第一原発)もそうです。
小出裕章ジャーナル
聞き手:
小出さんは安倍さんが言ったことはウソだ、とおっしゃいましたが、こういうことも言っておられます。「また、わが国の食品や水の安全基準は世界で最も厳しい、被ばく量は日本のどの地域でもその100分の1程度だ。健康問題については今までも現在も将来も全く問題ない、ということをお約束いたします。抜本解決に向けたプログラムを、私が責任を持って決定し、すでに着手しております」。
こういう発言についてはどう思われますか?
小出さん
ひたすら呆れますし、こんな軽々しい発言をする人を一国の首相に持っていることを私自身は大変恥ずかしく思います。
残念ながら、福島第一原子力発電所の事故は起きてしまいました。もちろん、その発電所は自民党政権が安全性を確認したといって認可した発電所なのであって、自民党政権の中心メンバーで、トップにいる安倍さんに責任があるのであって、そのことをまず謝罪して責任をとることが、本当は必要なことだと思います。
2年半経っても、事故自身を収束できないまま今日まできていて、ですから汚染水問題がみんなの問題になるということであって、安倍さんなんかがどんなに責任を取るといっても、事故自身を収束できなかったというのが事実として目の前にあるのです。
聞き手:
小出さんは、汚染水が漏れているから、タンカーで新潟(柏崎刈羽原発)まで運ぶべきだとか、5月の時点では遮水壁をつくらなあかん、という話をされているのですが、あの時は何も漏れていないということで動かなかった、という経過がありましたよね?
小出さん
あの時はすでにピットと呼ばれている水路が敷地の中にあって、海岸に突き出している部分からジャージャーと汚染水が外に漏れているのが見えたのです。それで慌てて割れている部分だけを塞いだのです。
そうしましたら、多くのマスコミも汚染水問題は方(かた)がついたと思ってしまったのだと思いますが、取り上げることがなくなってしまいました。しかしピットにしろ、トレンチにしろ、原子炉建屋、タービン建屋、地下のところ、要するに地面の下に埋まってしまっていて、仮に、割れがあっても見えないというだけなのです。
聞き手:
もともと海を埋め立ててつくっていますよね?
小出さん
そうです。海を海面のところまで大地を切り下げていってですね、建てているのですが、要するにコンクリートの構造物ですので、割れないコンクリートの構造物なんてこの世には存在しないのです。
ましてや、地震に襲われていますので、そこら中に割れがあるはずだし、もちろん、液状化も起きているはずなのです。当然、穴があいて、汚染水が当時からずっと漏れていたのです。そのことを皆さん、知らん顔しながら来て、今になって汚染水問題が大変だと言っているわけですけれど、私から見ると何を今さら言っているのですか、と思ってしまいました。
聞き手:
7月22日、つまり、参院選の翌日に発表していますよね?
小出さん
汚ないやり方ですね。
聞き手:
今回の全くブロックされているというウソ、こういうことを世界中に発信してしまったわけですよね? これ、あとで責任と問われたらどうやって責任を取るんでしょうね?
小出さん
必ず、責任を問うて欲しいと思いますし、安倍さんが責任を取るべきだと思います。
聞き手:
安倍さんの一連の見解は、アルゼンチンではなく、福島の人たちに向けて決意を述べるべきだと思いますが、いかがお考えですか?
小出さん
おっしゃる通りです。今も福島第一原子力発電所の事故で、10万人ではきかない人が苦難のどん底に落とされてしまって、2年半経っても何の改善もされない状況なのですね。
まずは、安倍さんが何かそのことに対して何かきちっとしたプログラムがあるというのであれば、それこそきちんと説明しないといけないのであって、そんなことをしないまま、世界には何かプログラムを持っているかのようにいうわけですね。本当に軽々しい発言だな、と私は思います。



1 comment:

しおさま said...

汚染水問題を解決できる手段をもらっておきながら、政府は未だ握りつぶしている。

ttp://sunshine849.blog.fc2.com/

ttp://www.onpa.tv/2013/05/13/789-3

汚染水問題を根本的に解決したいなら、これらを公表する以外にはないでしょう。